ちょっと厳しいが「親戚が」「親が」も使えないことはない

 カードローン申込み時の在籍確認・電話連絡の際、職場の人に「○○日の間に在籍確認が入る可能性があるので」と言えるならばそれに越したことはない。最近では過剰貸付に対する規制が内的にも外的にも強まっていて、カモフラージュのために個人名で電話をかけるの「ではなく」そのまま業者名を名乗って在籍確認を行うというところもある。
 そういうときにはもう手も足も出ない。「在籍確認は誰しもお互いさまだから」というオープンマインドの思想でどっしりと構えているのが一番だ。それどころか、あらゆる貸金業者がそれで統一してくれたならば、在籍確認という行事も、何のうしろめたいこともなく日常の一風景になると思うのだが・・・。
 さて、ここでは貸金業者がカードローン申込み時の在籍確認・電話連絡を個人名で行ってきた場合の話。そのとき会社の人から「あの電話は誰?」と聞かれたことがある。その在籍確認はクレジットカードではなく消費者金融のものだったので、何となく言い難かった。それどころか勤務先が何と信販会社ということもあって「他社のクレジットカードの在籍確認」という口実も使いづらかった。
そのとき、私がついうっかり使ってしまったのが「それ、親戚ですね」であった。
 相当苦しかった。相当苦しかったが、それを効いてきた社員は少し驚いた風な表情をしながらも「ああそうなんだ」と言って、以降そのことが話題に出ることもなかった。「親類に事故があったので、緊急で連絡を取りたかったのだが、私が携帯に出ないので、仕方なく勤務先にかけた」という、わけのわからない口実だったが、納得してくれた。在籍確認なんて、そんなものである。

在籍確認の電話がないカードローンをご存知?

それはズバリ「モビット」の「web完結申込」。文字通りweb
(インターネット)のみで審査申込から実際の利用まで完結します。
「お勤め先確認などのお電話はいたしません」とのこと!

職場への在籍確認の電話連絡を避けたい方は、モビットを検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみに「モビット」の「web完結申込」に申し込める方は、通常のモビット・カードの申込みとは異なる2つの条件がありますので、あなたが該当するかどうかは公式サイトで必ずご確認ください。

モビットの貸し付け条件を見る ≪≪≪