信用金庫カードローンの審査の仕組み

 信用金庫のカードローン商品や、メガバンク、地方銀行のカードローン商品とし比較して、往々にして低利であるという特徴がある。信用金庫のカードローンは地方銀行のそれと同じく基本的には100万円前後の小口融資がメインとなっている。またその信用金庫の営業地域内に居住・勤務というのが条件として加わっている。さらに年収制限として「150万円以上」という条件をよく目にする。蛇足だが京都中央信用金庫についで全国2番目の規模を誇っている城南信用金庫はかつての経営者の理念を引き継いで(「カードは麻薬」という理念)、カードローン商品を取り扱っていない。
 信用金庫カードローンには、一般社団法人のしんきん保証基金が保証を行っているものと、三菱UFJニコスやセディナなどの信販会社が保証を行っているものがあり、同一信用金庫の中で、保証会社の別によって、商品を分けているところが多い。岡崎信用金庫などはしんきん保証基金が保証する「しんきんカードローン」と、セディナが保証する「おかしんハイスピード30」とがある。金利については前者のほうが低く設定されている。
 しんきん保証基金が加盟する個人信用情報機関は、全国銀行個人信用情報センター、(株)シー・アイ・シー、(株)日本信用情報機構の3つである。銀行、信販、消費者金融が利用する主要な信用情報機関に加盟しているわけだ。したがって信用金庫ならではの低利カードローンを申請する際にも、このような信用情報機関での情報の照会は必須となってくる。

在籍確認の電話がないカードローンをご存知?

それはズバリ「モビット」の「web完結申込」。文字通りweb
(インターネット)のみで審査申込から実際の利用まで完結します。
「お勤め先確認などのお電話はいたしません」とのこと!

職場への在籍確認の電話連絡を避けたい方は、モビットを検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみに「モビット」の「web完結申込」に申し込める方は、通常のモビット・カードの申込みとは異なる2つの条件がありますので、あなたが該当するかどうかは公式サイトで必ずご確認ください。

モビットの貸し付け条件を見る ≪≪≪