年収に条件がある場合がある。

 カードローン申込み時の在籍確認・電話連絡の「前」に重要な基本項目の3番目は、そのカードローンの審査条件に「年収」の制限があるか否かをきちんと確認したか、という点である。
 もし「年収」制限がはっきり明示されているのに、メールのフォームなどから必要項目を入力して送信し、それで審査を待って、そして審査落ちの通知が届くというようなことをしていたら時間の無駄になってしまうし、他社に改めて申請する際に「同時申請」の枠に入れられてしまうことになる。
 カードローンの申請資格のところを呼んでいると、「20歳以上65歳未満の安定して継続した収入のある方」と書いてあるところが多い。このような条件のカードローンは年収制限非明示であるために、申込んでしまっても「仕方がない」部類である。およそ30万円程度の小口融資に対して14.5%以上の金利がついているようなカードローン商品の場合には、年収制限が記載されていない場合がほとんどである。
 いっぽう、上記より低金利の銀行カードローン商品には、「年収400万円以上」などと年収制限が明示されているケースがある。信用金庫、労働金庫などのカードローンでは、営業地区に居住もしくは勤務というような条件に加えて、年収150万円以上という条件提示が多い。このような年収提示をしっかり確認して申請をしないと、申込んで「瞬殺」の審査落ち通知が届いて、何ともいたたまれない気持ちにもなる。精神衛生的な面でも、収入条件はきちんとチェックしておくことをお薦めする。

在籍確認の電話がないカードローンをご存知?

それはズバリ「モビット」の「web完結申込」。文字通りweb
(インターネット)のみで審査申込から実際の利用まで完結します。
「お勤め先確認などのお電話はいたしません」とのこと!

職場への在籍確認の電話連絡を避けたい方は、モビットを検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみに「モビット」の「web完結申込」に申し込める方は、通常のモビット・カードの申込みとは異なる2つの条件がありますので、あなたが該当するかどうかは公式サイトで必ずご確認ください。

モビットの貸し付け条件を見る ≪≪≪