クレジット" カードローン申込み時の在籍確認・電話連絡の傾向

 信販会社は、銀行、信用金庫、労働金庫など広い範囲でカードローン保証業務を請負っており、その顧客情報とノウハウを独自に蓄積している。キャッシングだけでなく割賦販売についての審査も同時に行っており、保証を委託するほうの金融機関からすれば非常に頼もしい審査機関である。
 信販会社によるカードローン申込み時の在籍確認・電話連絡もまた、「あるときとないときがある」。信販会社が用いる審査の独自指標として「クレヒス」=「クレジットカード・ヒストリー」と呼ばれるものがある。実は指定信用情報機関には割賦販売法による規定に基づき、ローンの借入れだけなく、クレジットカードの利用履歴も書き込まれている。そして信販会社はクレジットカード発行の際にその情報を「必ず」照会しないといけない。
 だから逆に言うと、他社でクレジットカードを保有していて、特に遅延なく返済を行っている場合には、(もしかすると)電話連絡による在籍確認は免れるかも知れない。信用情報機関にはクレジット、ローンの「商品名」や「利用会社名」も記載されているから、例えばゴールドカードなど信用度の高いカードをすでに他社で契約しているような場合には、在籍確認・電話連絡の可能性は下がるかも知れない。
 ただもちろん、転職や引越しを行ったばかりという場合には改めて電話連絡による在籍確認がおこなわれる可能性が高まるだろう。利用者の経済状況は急変する可能性だってあるわけだから。

在籍確認の電話がないカードローンをご存知?

それはズバリ「モビット」の「web完結申込」。文字通りweb
(インターネット)のみで審査申込から実際の利用まで完結します。
「お勤め先確認などのお電話はいたしません」とのこと!

職場への在籍確認の電話連絡を避けたい方は、モビットを検討してみてはいかがでしょうか。
ちなみに「モビット」の「web完結申込」に申し込める方は、通常のモビット・カードの申込みとは異なる2つの条件がありますので、あなたが該当するかどうかは公式サイトで必ずご確認ください。

モビットの貸し付け条件を見る ≪≪≪